本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2013年8月7日

世界初※1「100%石油外天然資源タイヤ」を
「第43回東京モーターショー2013」で発表・発売

 ダンロップの住友ゴム工業(株)は、石油や石炭などの化石資源を全く使用しない世界初の「100%石油外天然資源タイヤ」を、「第43回東京モーターショー2013」で発表し、同時に発売を開始します。
 また発表に先駆けて、8月14日(水)からダンロップホームページ(http://tyre.dunlop.co.jp/)内に「エナセーブ・スペシャルサイト」を立ち上げて、「100%石油外天然資源タイヤ」や「エナセーブ」シリーズに関する様々なコンテンツをお届けします。
 当社では石油や石炭などの化石資源への依存度を最小限にすることを目指した「石油外天然資源タイヤ」の開発に2001年から取り組んでおり、2006年には石油外天然資源の使用比率を70%に高めた「エナセーブ ES801」を、2008年には同割合を97%にまで高めた「エナセーブ 97」を発売しました。
 更に、2011年に開催された「第42回東京モーターショー2011」では、原材料の全てを天然資源化した「100%石油外天然資源タイヤ」のプロトタイプを発表しました。
 その後、耐久性などの信頼性の評価と量産化技術の確立に向けた開発を進めた結果、11月から開催される「第43回東京モーターショー2013」でいよいよ発表し、同時に発売を開始します。
 「エナセーブ・スペシャルサイト」では、「エナセーブ」シリーズに関するコンテンツや「100%石油外天然資源タイヤ」の発売までのカウントダウンを実施するほか、今年は当社が1913年に自動車用タイヤの国産第一号タイヤ2の生産を開始してから100年目を迎えることから、これまでダンロップがタイヤ開発の先駆者として取り組んできた歴史や、「エコ・ファースト」企業として持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいる環境配慮商品の開発、環境保全活動など様々な情報を発信していきます。
※1合成ゴムが主流になって以降(当社調べ)
※2独立行政法人国立博物館から「重要科学技術史資料」として2012年に登録
「エナセーブ・スペシャルサイト」イメージ
「エナセーブ・スペシャルサイト」イメージ

画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー