本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2014年7月1日

「ニュルブルクリンク24時間レース」で
FALKENモータースポーツチームの「ポルシェ 911 GT3 R」が総合4位入賞

 住友ゴムグループのファルケンタイヤヨーロッパがタイヤを供給しているFALKENモータースポーツチームの「ポルシェ 911 GT3 R」が、6月21日(土)~22日(日)にドイツで開催された世界最大級のツーリングカーレース「第42回ADACチューリッヒ ニュルブルクリンク24時間耐久レース(通称:ニュルブルクリンク24時間レース)」において、総合4位に入賞しました。
 なお、FALKENは本レースの公式スポンサーとして協賛しており、FALKENブースの出展やドリフトショーなど数々のアトラクションを行い、多くの観客にFALKENブランドのPRを図りました。
FALKEN Motorsports「Porsche 911 GT3 R」FALKENブース
FALKEN Motorsports「Porsche 911 GT3 R」FALKENブース
 1999年の初参戦以来15回目の挑戦となる今回のレースでは、FALKENモータースポーツチームの「ポルシェ 911 GT3 R」はスタートから上位を走り続け、完走さえ難しいといわれるこのレースで過去最高位となる総合4位でゴールし、FALKENタイヤの安定したグリップ性能と耐久性の高さを証明しました。
■レース概要
 レースは、20万人を超える観客の中、現地時間21日16時にスタートしました。参加台数165台中の予選19位から好スタートを切ったFALKEN モータースポーツ「ポルシェ 911 GT3 R」は、他車がトラブルで遅れていく中、安定したペースで周回を重ねました。レース終盤、左リアの足廻りのトラブルに見舞われるも、素晴らしいチームワークでこれを修復し、約6分のロスに留めました。そして、ここから見事な追い上げを見せ、最終的にポルシェ勢最上位となる総合4位でゴールしました。
■関係者コメント
ファルケンタイヤヨーロッパ マーケティング部 スティファニー・オルバーツ
「世界で最も要求の厳しい耐久レースでの総合4位は、多くのファンの支援によるものです。ファンの皆様に感謝します。」
ドライバー ウルフ・ヘンツラー選手
「ポルシェ 911 GT3 Rとチームは、非常に良い仕事をしました。レース終了前のトラブルにも、迅速に対処し、ほとんど時間を要しませんでした。最高のチームでした。」
チームマネージャー スヴェン・シュナブル
「ポルシェ 911 GT3 Rとチームは、このレースの自己ベストとなる4位を獲得しました。レース終盤の懸命な追い上げが4位を決定づけました。この結果に非常に満足しています。」
■ニュルブルクリンク24時間レース
 自動車メーカー、タイヤメーカーが開発テストを行うサーキットとしても有名なニュルブルクリンクでの24時間レースは、高低差300m、ブラインドコーナーを含め約170ヶ所のコーナーを持つ北コース(オールドコース)と、F1も開催される近代的なGPコースをつなげた1周約25kmのフルコースを使用し、世界一過酷なレースとも言われています。
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー