本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2014年7月7日

マレーシアで「1 PAIR for 1 LOVE」活動による植樹を実施

 住友ゴムグループの家庭・介護・健康用品の販売会社である(株)ダンロップホームプロダクツは6月21日、マレーシア・ボルネオ島にある「ダンロップホームプロダクツの森」で同社社長・社員らによる植樹活動を行いました。この植樹活動は、ダンロップホームプロダクツの社会貢献活動「1 PAIR for 1 LOVE」の一環として行っているもので、今年で5年目を迎えます。また、植樹した本数は累計で約7200本に達しました。
集合写真
植樹する中畑社長
ロゴ:1 PAIR for 1 LOVE
集合写真植樹する中畑社長(上)と「1 PAIR for 1 LOVE」 ロゴ
 ダンロップホームプロダクツでは、家庭用天然ゴム手袋「樹から生まれた手袋」の発売を記念して、2010年9月より、「樹から生まれた手袋」1双を購入いただく毎に1円を寄付する「1 PAIR for 1 LOVE」活動を進めてまいりました。寄付金の一部は、公益社団法人・日本マレーシア協会を通じてマレーシア・ボルネオ島サラワク州サンパディ保護林地区での植樹活動に使われています。この植樹活動は、CO2の吸収と生態系の保護に留まらず、植えた樹木のメンテナンスを行うための地元での雇用にも役立っています。
 「1 PAIR for 1 LOVE」活動による寄付金は累計で約950万円に達しており、マレーシアでの植樹活動の他、女性のためのピンクリボン運動や、父親の積極的な子育て・家事への参画を啓発する活動の支援、そして東日本大震災を中心とした災害地への義援金としても使われています。
  2013年の活動詳細はこちらをご覧ください。http://www.dhp-dunlop.co.jp/kikara/csr.html
 住友ゴムグループは、これからもグローバル企業としての社会的使命を果たすため、広く地域・社会に貢献し、期待され信頼され愛される企業として、新しい価値を創出し、持続可能な社会の発展に貢献していきます。
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー