本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2014年9月5日

エナセーブ史上No.1の低燃費性能とウエット性能を実現した
「エナセーブ NEXT(ネクスト)」を新発売

 ダンロップの住友ゴム工業(株)は、「50%転がり抵抗低減タイヤ」として2008年から開発をスタートし、ラベリング制度における「低燃費性能」「ウエットグリップ性能」ともに最高ランクの「AAA-a」を達成したエナセーブのフラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブ NEXT」を9月8日から発売します。発売サイズは1サイズで、価格はオープン価格です。
 地球温暖化や石油資源枯渇など、地球規模の環境問題への意識が高まりを見せる中、当社は「タイヤが地球環境の為に貢献できること」をテーマに環境配慮商品の開発に取り組んできました。タイヤの転がり抵抗を下げることで自動車の燃料消費の抑制に貢献できる「低燃費タイヤ」の中長期的な技術テーマとしては、「50%転がり抵抗低減タイヤ」の開発を2008年から開始し、2013年の東京モーターショーでプロトタイプタイヤを発表するなど順調に開発を進め、このたび「エナセーブ NEXT」として完成、9月8日から発売します。
 「エナセーブ NEXT」は、当社独自の新材料開発技術「4D NANO DESIGN」(フォーディ ナノ デザイン)により開発した高純度天然ゴム「UPNR(Ultra Pure Natural Rubber)」「新シリカ用変性ポリマー」をはじめとする先進技術を採用し、転がり抵抗を大幅に低減しています。また、新たに開発したウエット性能を向上させる「ウエットグリップパウダー」を採用することで、エナセーブ史上No.1の低燃費性能とウエット性能を実現し、ラベリング制度における「低燃費性能」「ウエットグリップ性能」ともに最高ランクの「AAA-a」を達成しています。
2008年当時におけるダンロップの市販用夏用タイヤ売上上位4商品を自社基準で算定し、その平均値をタイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法に換算した結果、50%低減。詳細なデータについては、タイヤ公正取引協議会に届け出てあります。
タイヤ:エナセーブNEXT
ロゴ:エナセーブNEXT
低燃費タイヤ 転がり抵抗性能:AAA ウエットグリップ性能:a
4D NANO DESIGNeco line upグリーン購入法適合商品
■特長
○エナセーブ史上No.1の低燃費性能を実現
 新開発の「UPNR(Ultra Pure Natural Rubber)」「新カーボンカップリング剤」「新シリカ用変性ポリマー」「新シリカカップリング剤」を採用し、サイドウォール部とトレッド部の不要な発熱を抑制。また各部材を見直し、低燃費性能をさらに向上させることで、エナセーブ史上No.1の低燃費性能を実現しています。
【高純度天然ゴム「UPNR(Ultra Pure Natural Rubber)」】
天然ゴム中の不純物を除去した「UPNR」は、通常の天然ゴムよりカーボンとの結合が強いため、優れた低燃費性能を発揮します。
【新カーボンカップリング剤】
ポリマーとカーボンをより強く結合させる「新カーボンカップリング剤」を採用し、不要な発熱を抑制しています。
【新シリカ用変性ポリマー、新シリカカップリング剤】
ポリマー鎖を従来よりも長くし、単位体積当たりの末端部を減らすとともに、スチレンの分散性を高めて凝集を防ぐことで発熱を抑制しています。また、「新シリカカップリング剤」を採用してポリマーとシリカの結合を強め、不要な発熱を抑制しています。
○エナセーブ史上No.1のウエット性能を実現
 新開発の「ウエットブレーキパウダー」を採用することで路面のミクロの凹凸との接地面積を増大させ、ウエット性能10%向上を実現し、ラベリング制度における最高ランク「a」を獲得しています。
 ※エナセーブ PREMIUMとの比較
【ウエットグリップパウダー】
大きなひずみがかかったときのポリマーの柔軟性を高める補強剤「ウエットグリップパウダー」をシリカと併用することで、路面の凹凸との接地面積を増大させ、ウエット性能を向上させています。
■発売サイズ
195/65R15 91H

画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー