本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2014年11月19日

ダンロップの高性能ランフラットタイヤ「SP(エスピー) SPORT(スポーツ) MAXX(マックス) A1(エーワン) DSST(ディーエスエスティー) CTT(シーティーティー)」が
トヨタ自動車株式会社の新型「レクサスLS」に装着

 住友ゴム工業(株)は、10月から発売のトヨタ自動車株式会社の新型「レクサスLS」に、ダンロップの高性能ランフラットタイヤ「SP SPORT MAXX A1 DSST CTT」の納入を開始しました。
 今回装着される「SP SPORT MAXX A1 DSST CTT」は最先端のランフラットタイヤ技術を投入し、「レクサス LS」の求める上質な乗り心地を実現しています。また、ダンロップ独自の新開発コンパウンドと内部構造の専用チューニングにより、高レベルの運動性能に加えフラッグシップセダンにふさわしい優れた環境性能も兼ね備えています。
 なお「SP SPORT MAXX A1 DSST CTT」は、「タイヤの高精度と高性能」を追及した当社独自の太陽工法で製造することにより、運動性能をはじめ乗り心地や燃費性能などさまざまな要求性能を高い次元で満たしています。
レクサスLS
レクサスLS
タイヤ:SP SPORT MAXX A1 DSST CTT
ロゴ:SP SPORT MAXX A1 DSST CTT
エスピー スポーツ マックス エーワン ディーエスエスティー シーティーティー
■タイヤサイズ 235/50RF18 97W
<ランフラットタイヤ>
 走行中、完全なパンク状態(空気圧ゼロ)になっても、所定の速度で一定の距離を走行できるタイヤです。安全性の向上と、スペアタイヤ不要化による省資源・軽量化・車両設計の自由度向上を同時に実現できます。また、当社独自技術により、サイド補強型をさらに進化させた、CTTプロファイルを採用しています。
■商品特長
(1)「CTTプロファイル」
 CTT(Combined Technology Tire)は当社の独自技術であり、インボリュート曲線を使用したタイヤ形状は、サイド補強層でランフラット性能を、丸いトレッド部で乗り心地などの一般性能を高め、さらに軽量化も実現しています。
(2)「ディンプルサイド」
 タイヤインサイドに凹状ディンプルを配列することで、表面に乱気流を発生させ、冷却効果を向上させました。これによりパンク状態での走行時の熱破壊を抑え、耐久性を向上しました。
※タイヤ内側部分のみ

画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー