本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2015年3月17日

ロングパイル人工芝「ハイブリッドターフExciting(エキサイティング)」の
神宮球場への施工が完了

 住友ゴム工業(株)のロングパイル人工芝「ハイブリッドターフExciting(エキサイティング)」は、神宮球場(明治神宮野球場)グラウンドへの採用が昨年末に決定し、張り替え工事を行っておりましたが、このたび全ての工事が完了しました。尚、同球場への人工芝採用は2008年に続き2回目となります。
神宮球場ハイブリッドターフExcitingの構造
神宮球場
 今回新たに採用されたロングパイル人工芝「ハイブリッドターフExciting」は、高頻度の使用による人工芝の「ねじれ」や「キズ」、「折れ」に対し、従来よりも良好なプレイ感を持続させるため、材料や形状を一から見直し、異なる2種類の芝葉を織り交ぜることで当社従来品1に比べ耐久性を2倍に高めています。さらに充填剤(ゴムチップと目砂)の配合を改良することで、天然芝のボールバウンドにより近づけ、プレイ性能を向上するとともに衝撃を吸収し、選手の体への負担を軽減することでプレイ環境を改善しています。「ハイブリッドターフExciting」に生まれ変わったグラウンドの上で、これからたくさんの感動のドラマが繰り広げられることでしょう。
 ロングパイル人工芝「ハイブリッドターフ」シリーズは、性能、外観、耐久性などの総合性能が高く評価され、フットボールフィールドやスクールグラウンドなど全国のスポーツ施設で採用されており、販売開始以来の施工実績は400万平方メートル 2となります。
<ハイブリッドターフ専用ホームページ> http://www.hibrid-turf.com/
※1「ハイブリッドターフET-62」※22000年8月-2014年12月累計
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー