本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2015年8月28日

中国の製造子会社に太陽光発電システムを導入

 住友ゴム工業(株)は、当社のOA機器用精密ゴム部品製造子会社である中山住膠精密橡膠有限公司(広東省中山市)に海外拠点初となる太陽光発電システムを設置し、8月3日に起動式を行いました。工場屋根に太陽電池モジュール800枚(最大出力;200kW)を設置し、年間で約200,000kWhの発電量を見込んでいます。発電した電力は、自工場で使用し、一部電力は外部に売電します。
設置された太陽光発電システム
設置された太陽光発電システム
 当工場は、平成26年11月に中国政府の発展改革局より再生可能エネルギー発電設備の認定を受け、本年6月末に太陽光発電システムを設置し、8月3日から本格稼働を開始しました。今後世界的に普及が見込まれる再生可能エネルギーである太陽光による発電を行うことで、自然エネルギーの普及・拡大や社会全体の環境負荷低減に貢献します。
【太陽光発電システム概要】
■施設名称中山住膠精密橡膠有限公司
■設置場所中国広東省中山市中山火炬高新技術産業開発区火炬大道21号
■出力規模200kW
■モジュール枚数800枚
■年間予想発電量約200,000kWh
■設置面積約5,000平方メートル
 当社グループでは、燃料を重油からCO2排出量の少ないLNGなどへの転換を国内外の工場で展開、さらに、国内外の主要製造拠点でゼロエミッションを達成するなど、従来よりエコ・ファースト企業として事業活動における環境負荷軽減に努めています。
 また、低燃費タイヤの製造・販売を通じて、提供する製品、サービスが地球全体の環境にできる限り負荷を与えないよう最大限の努力をしています。
 住友ゴムグループは、これからもグローバル企業としての社会的使命を果たすため、広く地域・社会に貢献し、期待され信頼され愛される企業として、新しい価値を創出し、持続可能な社会の発展に貢献していきます。
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー