本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2015年10月28日

安全性の向上と省資源・省エネルギーに貢献するタイヤ新技術
GYROBLADE(ジャイロブレイド)」「CORESEAL(コアシール)」を開発

 住友ゴム工業(株)は、空気充填が不要のためパンクが発生しないエアレスタイヤテクノロジー「GYROBLADE」と、タイヤトレッド部1の損傷による空気漏れを防ぐシーラントタイヤテクノロジー「CORESEAL」の2つの技術を新たに開発しました。
※1タイヤが路面と接触する部分
 当社は、長期ビジョン「VISION 2020」の中で、「タイヤが地球環境のために貢献できること」をテーマに、「省資源」「低燃費性」「原材料」の3つの方向性で環境配慮商品の開発に取り組んでいます。今回新開発したエアレスタイヤテクノロジー「GYROBLADE」はパンクそのものを防止し、シーラントタイヤテクノロジー「CORESEAL」は万一パンクが発生した際の安全性を、ノーマルタイヤと比較して大幅に向上させる技術です。これらは共に走行時の安全性を高めるとともに、スペアタイヤが不要となることで省資源・省エネルギーに貢献します。なお、本技術を採用したプロトタイプタイヤを「第44回東京モーターショー」に出品します。
■エアレスタイヤテクノロジー「GYROBLADE」
 「GYROBLADE」は金属製ホイールと特殊樹脂スポークからなる車輪の外周にタイヤのトレッド部を接着させた形状をしており、空気充填する事なくタイヤの基本性能2を満たす技術です。これによりパンクや整備不良による空気圧の過不足の心配がなく、メンテナンス作業の負荷を大きく低減出来るとともに、スペアタイヤが不要になることで環境にも配慮した技術です。また、特殊樹脂スポークは豊富なカラーバリエーションを提供できるため、ファッション性を高めることも可能です。
※2(1)車重を支える (2)駆動・制動力を路面に伝える (3)衝撃を和らげる (4)方向を転換・維持する
ロゴ:GYROBLADE
■シーラントタイヤテクノロジー「CORESEAL」
 「CORESEAL」は、タイヤトレッド部の裏側にシーラント剤(粘着性・粘度のある特殊材料)を塗布する技術です。トレッド部の裏側まで貫通する損傷が発生した場合3、塗布されたシーラント剤が穴を塞いで空気漏れを防ぎます。パンク時でも空気圧を維持したまま走行可能なため、安全性の向上と、スペアタイヤ不要による省資源・軽量化・車両設計の自由度向上を同時に実現できます。
※3直径5mmまでの釘やねじ等の異物について、タイヤに刺さっている状態・タイヤから抜けた状態で空気漏れを防止。
ロゴ:CORESEAL
<CORESEAL技術イメージ>
異物が刺さっている状態異物が抜けた状態
異物が刺さっている状態異物が抜けた状態
シーラント剤が異物に粘着し、空気漏れを防ぐ。異物が抜けたときにできた穴を、シーラント剤が入り込み空気漏れを防ぐ。
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー