本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2015年11月4日

「AUTOBACS SUPER GT 2015 SERIES」GT300クラスにおいて
DUNLOP(ダンロップ)装着車両がチーム&ドライバーズチャンピオンを獲得

 10月31日(土)~11月1日(日)にオートポリスで開催された「2015 AUTOBACS SUPER GT Round 7 SUPER GT in KYUSHU 300km」にて、DUNLOPタイヤを装着した「GAINER TANAX GT-R」がクラス2位に入賞した結果、最終戦を前にチーム「GAINER」がGT300クラスのチームチャンピオンを獲得するとともに、ドライバーのアンドレ・クート選手がドライバーズチャンピオンを獲得しました。
アンドレ・クート選手(右)GAINER TANAX GT-R
ドライバーズチャンピオンを獲得した
アンドレ・クート選手(右)
GAINER TANAX GT-R
チーム名GAINER
チーム監督田中 哲也
ドライバーアンドレ・クート / 千代 勝正 / 富田 竜太郎
参戦車両GAINER TANAX GT-R (NISSAN GT-R NISMO GT3)
 「AUTOBACS SUPER GT 2015 SERIES」は全8戦で行われます。DUNLOPタイヤを装着したチーム「GAINER」は第6戦までで2回優勝し、今回の第7戦でクラス2位に入賞したことにより、最終戦を前にチームチャンピオンに輝くとともに、ドライバーのアンドレ・クート選手がドライバーズチャンピオンを獲得しました。さまざまな路面・温度・天候等の環境変化の中、DUNLOPレーシングタイヤが優れたパフォーマンスを発揮し、その性能の高さを証明しました。

画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー