本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2015年11月12日

新材料開発技術「ADVANCED(アドバンスド) 4D(フォーディー) NANO(ナノ) DESIGN(デザイン)」共同研究結果を合同発表

 住友ゴム工業(株)は、大型放射光研究施設「SPring-8」1・大強度陽子加速器施設「J-PARC」2・スーパーコンピュータ「京」3の連携活用により完成させた、独自のタイヤ用新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」の共同研究結果を、理化学研究所 放射光科学総合研究センター、高輝度光科学研究センター、日本原子力研究開発機構 J-PARCセンター、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所、総合科学研究機構および東京大学大学院新領域創成科学研究科と合同発表しました。
 国内最先端研究施設の連携で完成した「ADVANCED 4D NANO DESIGN」により、ゴムの内部構造をナノからミクロンレベルまで連続的かつ鮮明に解析しシミュレーションすることが可能となります。これにより、タイヤの相反性能である「低燃費性能」「グリップ性能」「耐摩耗性能」の大幅な向上が期待されます。この新技術を採用したコンセプトタイヤが「耐摩耗マックストレッドゴム搭載タイヤ」4です。このタイヤのトレッドゴムは、低燃費性能とウエットグリップ性能を維持しながら、耐摩耗性能を200%5に向上させることに成功しています。
 当社ではこの新技術を活用することで材料開発のスピードをさらに上げ、今後も高性能で経済性と環境性に優れたタイヤをお届けしてまいります。
[発表内容]SPring-8・J-PARC・スーパーコンピュータ京を連携活用させたタイヤ用新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」を確立
-低燃費性・グリップ性能に加え耐摩耗性200%のタイヤ-     ※詳細:添付資料参照
[共同研究機関]
国立研究開発法人 理化学研究所 放射光科学総合研究センター
http://www.riken.jp/pr/press/2015/
公益財団法人 高輝度光科学研究センター
http://www.spring8.or.jp/ja/news_publications/press_release/2015/151112/
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
http://www.jaea.go.jp/02/press2015/p15111201/
大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構
http://www.kek.jp/ja/NewsRoom/Release/20151112140000/
J-PARCセンター
http://j-parc.jp/ja/topics/2015/Press151112.html
一般財団法人 総合科学研究機構
http://www.cross-tokai.jp/ja/publications/press/2015/201511121400.shtml
東京大学大学院新領域創成科学研究科
3者合同イメージ
耐摩耗マックストレッドゴム搭載タイヤロゴ:ADVANCED 4D NANO DESIGN
耐摩耗マックストレッドゴム搭載タイヤ
(コンセプトタイヤ)
※1世界最高性能の放射光を生み出すことができる大型放射光施設(兵庫県佐用郡佐用町)
※2最先端研究を行うための陽子加速器群と実験施設群(茨城県那珂郡東海村)
※3世界有数の計算速度を誇る、スーパーコンピュータ(兵庫県神戸市中央区)
※4このタイヤはコンセプトタイヤであり、現在商品化の予定はございません。
(マックス:当社製品搭載のトレッドゴムにおいて、トレッド:タイヤが路面と接触する部分)
※52011年当時の当社製品搭載のトレッドゴムと比較
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー