本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2015年12月22日

人型ロボット「Pepper(ペッパー)を導入

 住友ゴム工業(株)は、ソフトバンクロボティクス株式会社が開発・提供する人型ロボット「Pepper」を12月より導入しました。今後はダンロップタイヤショップの「タイヤセレクト」「タイヤランド」「オートランド」の店頭やイベント会場等でお客様とのコミュニケーション業務で活躍してまいります。
 今回導入する人型ロボット「Pepper」は、お客様への挨拶やタイヤの紹介、アンケートなどの接客業務を行います。12月19日(土)には、ショッピングセンターのモラージュ柏(千葉県柏市)で初仕事を行い、お客様から「タイヤの説明が解りやすい」など大変ご好評を頂きました。今後は全国の「タイヤセレクト」「タイヤランド」「オートランド」の店頭をはじめ、各種イベントでの接客業務で活躍する予定です。
「Pepper」はソフトバンクロボティクスが提供・開発する世界初の感情認識機能をもった人型ロボットです。
本件は、ソフトバンクロボティクスの「Pepper」を活用し、当社が独自に実施しているものです。
商品説明を行う「Pepper」イベント会場内での接客の様子
商品説明を行う「Pepper」イベント会場内での接客の様子

画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー