本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2016年8月8日

平成28年12月期第2四半期決算について

 住友ゴム工業(株)の平成28年12月期第2四半期(平成28年1月1日~6月30日)における連結業績は、売上高373,566百万円(前年同期比3.9%減)、営業利益30,782百万円(前年同期比5.2%増)、経常利益27,658百万円(前年同期比10.9%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益28,107百万円(前年同期比40.5%増)となりました。
 主力のタイヤ事業では、国内市販用タイヤは、ダンロップブランドの「エナセーブ」シリーズや、本年2月にリニューアル発売した、特殊吸音スポンジ「サイレントコア」を搭載した快適で長持ちする低燃費タイヤ「LE MANS 4(ル・マン・フォー)」を中心に拡販に努めたことにより、販売数量、売上高は前年同期を上回りました。国内新車用タイヤは、引き続き低燃費タイヤを中心とする高付加価値タイヤの納入拡大に努めましたが、自動車生産台数が前年同期を下回ったため、販売数量、売上高は前年同期を下回りました。海外市販用タイヤは、グッドイヤー社とのアライアンス解消により自由度が増した北米・欧州をはじめ、中近東、アフリカ、中南米などで販売を伸ばしましたが、為替の円高影響により、売上高は前年同期を下回りました。海外新車用タイヤは、中国とインドネシアでは納入車種の減産の影響により販売が減少しましたが、タイや南アフリカに加えて、昨年から納入を開始したブラジルでは販売を伸ばしました。また北米・欧州においても引き続き納入を拡大したことにより、販売数量は前年同期を上回りましたが、為替の円高影響により売上高は前年同期を下回りました。以上の結果、タイヤ事業の売上高は、320,463百万円(前年同期比3.5%減)、営業利益は27,445百万円(前年同期比0.3%減)となりました。
 スポーツ事業では、国内ゴルフ用品市場においては、昨年12月に発売したゴルフクラブ「ゼクシオ ナイン」が順調に販売を伸ばしましたが、ゴルフウェアでは当期からデサント社とのライセンスビジネスに切り替えたことなどにより減収となり、売上高は前年同期を下回りました。海外ゴルフ用品市場においては、グローバルに「スリクソン」、「ゼクシオ」のブランドで積極的に拡販に努めましたが、主に米国において「クリーブランドゴルフ」のゴルフクラブが販売減となり、為替の円高影響もあって売上高は前年同期を下回りました。以上の結果、スポーツ事業の売上高は36,439百万円(前年同期比3.7%減)と前年同期を下回りましたが、「ゼクシオ ナイン」の増販による販売構成の良化や、円高による仕入コストの減少などにより営業利益は2,599百万円(前年同期比189.8%増)と増益となりました。
 産業品他事業では、医療用ゴム部品や制振事業は堅調に推移しましたが、プリンター・コピー機用精密ゴム部品ではプリンター・コピー機メーカーが減産となったことに加えて、為替の円高影響もあって減収となったほか、体育施設や土木海洋といったインフラ系商材も販売が減少しました。以上の結果、産業品他事業の売上高は、16,664百万円(前年同期比11.7%減)、営業利益は731百万円(前年同期比11.3%減)となりました。
 なお平成28年12月期の連結業績は、売上高810,000百万円(前期比4.6%減)、営業利益70,000百万円(前期比9.2%減)、経常利益66,000百万円(前期比16.3%減)、親会社株主に帰属する当期純利益53,500百万円(前期比4.2%減)を見込んでいます。
【決算短信/説明会資料】
http://www.srigroup.co.jp/ir/library/financial-results/2016.html

 
ページ最上部へ

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー