本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2016年8月12日

「インドネシア国際オートショー」出品のコンセプトカーが
DUNLOP(ダンロップ)ENASAVE(エナセーブ)」コンセプトタイヤを装着

 住友ゴム工業(株)のDUNLOP「ENASAVE」コンセプトタイヤが、8月11日(木)から21日(日)までインドネシアで開催される「インドネシア国際オートショー」(主催:インドネシア自動車工業会)にて三菱自動車工業株式会社が世界初披露したスモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカー「MITSUBISHI XM Concept」に装着されました。
 今回装着された「ENASAVE」コンセプトタイヤは、三菱自動車のフロントデザインコンセプトである“ダイナミックシールド”をイメージし、SUVらしいスタイリングと機能を融合させたクロスオーバーMPV「MITSUBISHI XM Concept」にマッチした斬新な方向性パターンの採用などによりデザイン性と機能性の高さを表現しています。
MITSUBISHI XM Concept
MITSUBISHI XM Concept
「ENASAVE」コンセプトタイヤ
ロゴ:ENASAVE
■タイヤサイズ 225/55R18
アルミホイールは実際の
展示車両装着品とは異なります。
■インドネシア国際オートショー
 インドネシア自動車工業会(GAIKINDO:ガイキンド)が主催となってジャカルタで毎年開催されるインドネシア最大のモーターショー。多くの自動車メーカーがブースを出展し、昨年は約50万人が来場しました。

画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー