本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2016年8月30日

DUNLOP(ダンロップ)装着車両が「2016 AUTOBACS SUPER GT第6戦」
GT300クラスにおいて今季初優勝

 8月27日(土)~28日(日)に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催された2016 AUTOBACS SUPER GT 第6戦「45th International SUZUKA 1000km」にて、DUNLOPタイヤを装着した「SUBARU BRZ GT300」がGT300クラスで今季初優勝を果たしました。
優勝した井口選手(左)と山内選手(右)
優勝した井口選手(左)と山内選手(右)
SUBARU BRZ GT300
SUBARU BRZ GT300
チーム名R&D SPORT
チーム総監督辰己 英治
ドライバー井口 卓人 / 山内 英輝
参戦車両SUBARU BRZ GT300
 DUNLOPタイヤを装着した「SUBARU BRZ GT300」は、時折強い雨が降るなどドライバー・マシン・タイヤにとって難しいコンディションの中、安定したペースで周回を重ねて見事今季初優勝を果たしました。これによりDUNLOPタイヤの安定したグリップ性能と耐久性の高さが証明されました。
 今回の優勝により「R&D SPORT」はチーム・ドライバーランキングともにトップに浮上しました。今シーズン残り3戦、さらなる活躍にご期待ください。

画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー