本文へジャンプ
 
ダンロップスポーツ株式会社
 
DUNLOP
サイト内検索
 
HOMEEnglishサイトマップよくあるご質問お問い合わせ
  • 企業情報
  • 事業内容
  • 株主・投資家の皆様へ
  • CSR・環境
  • 採用情報
  • 電子公告
 
拡大標準縮小
印刷

 

NewsRelease

2017年8月29日

当社と住友ゴムの合併について

 ダンロップスポーツ(株)(以下DSP)と同社の親会社である住友ゴム工業(株)(以下SRI)は、それぞれ本日の取締役会で、SRIを吸収合併存続会社、DSPを吸収合併消滅会社とする合併の取締役会決議を行いました。またDSPは両社の合弁会社であり、海外での「ダンロップ」ブランドのスポーツ用品事業とライセンス事業を行うダンロップインターナショナル(株)(以下DICL)の株式全てをSRIに譲渡すること、SRIはDICLを完全子会社化した後に合併することをそれぞれ決議いたしました。これらにより住友ゴムグループのスポーツ事業が統合されることになります。
 SRIによるDSPの合併は、2018年1月1日をもってDSP株主に対しDSPの普通株式1株に対してSRIの普通株式0.784株を割り当てることで行います。またSRIとDSPの合弁会社であるDICLの合併は、DICL株式のDSP持分(33.3%)をSRIが2017年12月28日に取得し完全子会社化したうえで、2018年1月1日をもって合併します。
 なお本合併の効力の発生を停止条件として、2017年12月期末配当に代えて、2017年12月31日を基準日とする1株あたり30円の剰余金配当を2017年11月7日に開催を予定しております臨時株主総会に付議することを合わせて決議いたしました。
 これらのスポーツ事業の統合は、SRIの持つ資金力や材料、研究部門などの経営資源を活かすとともに、DSPの持つスポーツ事業に精通した人材と経営資源を、「ダンロップ」ブランドの価値向上及びスポーツ事業の拡大に活用するために行います。
 本統合後のスポーツ事業は、DSPの企業理念である「お客様のスポーツライフをもっと豊かに。」を引き継ぎ、これまで培ってきた「ゼクシオ」「スリクソン」および「クリーブランドゴルフ」といったブランドに、全世界で展開が可能になった「ダンロップ」ブランドを加え、展開地域および取扱い種目などの事業ドメインを拡大してまいります。さらに、住友ゴムグループの経営資源を生かしたブランド投資によりスポーツ事業の拡大を加速することで、スポーツ業界におけるプレゼンスを高めてまいります。また、スポーツ事業による「ダンロップ」ブランド価値の向上は、同じ「ダンロップ」をメインブランドとするタイヤ事業の拡大・発展にも有用であり、住友ゴムグループの長期ビジョン「VISION2020」達成にも貢献するものです。
 本件についての詳細は、別紙「住友ゴム工業株式会社及びダンロップスポーツ株式会社並びに住友ゴム工業株式会社及びダンロップインターナショナル株式会社の合併契約締結による住友ゴムグループのスポーツ事業統合に関するお知らせ」ならびに「剰余金の配当に関するお知らせ」をご覧ください。
※合併比率は、算定の基礎となる諸条件に、重大な変更が生じた場合には、両社で協議の上変更することがあります。
【合併前のSRI・DSP・DICL資本関係図】
合併前のSRI・DSP・DICL資本関係図
<資料>
住友ゴム工業株式会社及びダンロップスポーツ株式会社並びに住友ゴム工業株式会社及びダンロップインターナショナル株式会社の合併契約締結による住友ゴムグループのスポーツ事業統合に関するお知らせ
剰余金の配当に関するお知らせ
報道関係者のお問い合わせ窓口
 
ダンロップスポーツ(株) 広報部(東京)TEL:03-6863-2932FAX:03-6863-2935安達
(神戸)TEL:078-265-3139FAX:078-265-3135平川
当グループのニュースリリース配信をE-mailでお知らせします。
ご希望の方は(http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/)へご登録ください。
尚、高解像度のロゴや画像のダウンロードをご希望の方は「プレスルーム」(http://www.srigroup.co.jp/press_room/)の方へご登録ください。
 

ページ最上部へ

サイトのご利用についてプライバシーポリシーソーシャルメディアガイドライン
住友ゴムグループ
Copyright© 2009 DUNLOP SPORTS CO. LTD. All Rights Reserved.