本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2018年5月29日

日本、米国のトーナメントでスリクソンプレーヤーが同週5人優勝!
~秋吉 翔太選手、岡山 絵里選手はツアー初優勝を飾る~

 ダンロップの住友ゴム工業グループとゴルフ用品の使用契約をしている秋吉 翔太選手、ミンジー・リー選手(オーストラリア)、岡山 絵里選手、山戸 未夢選手、西田 智慧子選手の計5選手が、日本、米国で行われた大会で優勝しました。
 秋吉 翔太選手は5月24日~27日にザ・ロイヤル ゴルフクラブ(茨城県)で開催された日本男子ツアーの「~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤルゴルフクラブ」で優勝しました。最終日を首位と3打差の6位タイでスタートした秋吉選手は、16番の705ヤード、パー5でバーディを奪うなどこの日も果敢に攻め、通算1アンダーの「70」でホールアウト。ツアー最長コースを出場選手中唯一のアンダーパーで回り念願のツアー初優勝を飾るとともに、全英オープンへの出場権を獲得しました。また秋吉選手は21日に行われた全米オープンの予選会でもトップ通過を果たしており、1週間で2つのメジャー出場権を獲得しました。
秋吉 翔太選手
■秋吉 翔太選手の弊社使用ギア
ボールスリクソン Z-STAR
ドライバースリクソン Z765(10.5°)
フェアウェイウッドスリクソン(#3)
ユーティリティスリクソン(#2、#3)
アイアンスリクソン Z765(#4~PW)
ウエッジクリーブランド RTX-3(54°、60°)
ヘッドウエアスリクソン(SMH8330X)
キャディバッグスリクソン(GGC-S111)
グローブスリクソン(GGG-S022)
アンブレラスリクソン(GGP-S004)
シューズアシックス GEL-ACE登録商標マーク PRO X Boa(TGN922)※1
■秋吉 翔太選手のプロフィールと主な戦歴
所属ホームテック
生年月日1990年7月22日
出身地熊本県
<優勝歴>通算1勝(日本:1)
2018年~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤルゴルフクラブ
<2018年シーズンの主な結果>
~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤルゴルフクラブ 優勝
中日クラウンズ 4位タイ
 ミンジー・リー選手(オーストラリア)は、5月24日~27日にトラビスポイントカントリークラブ(ミシガン州、米国)で行われた米国女子ツアーの「LPGAボルヴィック選手権」で優勝しました。2位と2打差の単独首位で出たリー選手は、「ゼクシオ テン」ドライバー、「スリクソン Z765」アイアン、「スリクソン Z-STAR」ゴルフボールなどのギアを武器にこの日も5バーディ、1ボギーとスコアを4つ伸ばし、通算16アンダーでホールアウト。自身22歳の誕生日を2016年10月以来となるツアー4勝目で飾りました。また同じく当社契約の畑岡 奈紗選手は通算10アンダーの10位タイでフィニッシュし、3試合連続のトップテン入りを果たしました。
ミンジー・リー選手
■ミンジー・リー選手の弊社使用ギア
ボールスリクソン Z-STAR
ドライバーゼクシオ テン(8.5°)【シャフト/Miyazaki Kusala Blue 6】
フェアウェイウッドゼクシオ(#3)【シャフト/Miyazaki Kusala Blue 6】
ユーティリティスリクソン Z H65 ハイブリッド(#3)【シャフト/Miyazaki Kaula 7 for Hybrid】
スリクソン Z U65 ユーティリティ(#4)
アイアンスリクソン Z765(#5~PW)
ウエッジクリーブランド RTX-3(50°、54°、58°)
ヘッドウエア(サイドロゴ-スリクソン)
キャディバッグスリクソン
グローブスリクソン
■ミンジー・リー選手のプロフィールと主な戦歴
生年月日1996年5月27日
出身地オーストラリア
<優勝歴>通算6勝(米国:4、欧州:1、豪州:1)
【米国女子ツアー】
2018年LPGAボルヴィック選手権
2016年ブルーベイLPGA
ロッテ選手権
2015年キングズミル選手権
【欧州女子ツアー】
2018年オーツ・ビクトリアオープン
【豪州女子ツアー】
2014年オーツ・ビクトリアオープン
<2018年シーズン主な結果>
【米国女子ツアー】
LPGAボルヴィック選手権 優勝
LPGAメディヒール選手権 2位
ヒューゲル JTBC LAオープン 7位タイ
HSBC女子チャンピオンシップ 6位タイ
ホンダLPGAタイランド 4位
【欧州女子ツアー】
オーツ・ビクトリアオープン 優勝
 岡山 絵里選手は5月25日~27日に関西ゴルフ倶楽部(兵庫県)で開催された日本女子ツアーの「リゾートトラスト レディス」で優勝しました。最終日を1位タイでスタートした岡山選手は、この日5バーディ、1ボギーの「68」で回り、通算13アンダーでフィニッシュ。同じく当社契約選手の勝 みなみ選手とのプレーオフに突入します。1ホール目でパーを決めた岡山選手はプレーオフを制し、念願のツアー初勝利を果たしました。
 本トーナメントにおいて「スリクソン Z-STARシリーズ」はボール使用率で1位※2となり13週連続1位となりました。また、クリーブランドゴルフのウエッジも使用率1位※3を記録しました。
岡山 絵里選手
■岡山 絵里選手の弊社使用ギア
ボールスリクソン Z-STAR
アイアンスリクソン Z565(#5~PW)
ウエッジクリーブランド 588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド(48°、52°、58°)
ヘッドウエアスリクソン(SMH8330X)
キャディバッグスリクソン(GGC-S111)
グローブスリクソン(GGG-S023)
アンブレラスリクソン(GGP-S004)
シューズアシックス GEL-ACE登録商標マーク TOUR-LADY Boa(TGN924)※4
■岡山 絵里選手のプロフィールと主な戦歴
所属ニトリ
生年月日1996年6月4日
出身地大阪府
<優勝歴>通算1勝(日本:1)
2018年リゾートトラスト レディス
<2018年シーズンの主な結果>
リゾートトラスト レディス 優勝
スタジオアリス女子オープン 5位タイ
ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ 9位タイ
 山戸 未夢選手は、5月23日~24日に呉カントリークラブ(広島県)で開催された日本女子ステップ・アップ・ツアーの「ダイクレレディースカップ」で優勝しました。最終日を首位と1打差の2位タイでスタートした山戸選手は前半でバーディを3つ奪うなどし、「69」でホールアウト。通算4アンダーで念願のステップ・アップ・ツアー初優勝を飾りました。

 安田 彩乃選手、柳澤 美冴選手に続き、3週連続で当社契約選手がステップ・アップ・ツアー優勝を果たしました。
山戸 未夢選手
■山戸 未夢選手の弊社使用ギア
ボールスリクソン Z-STAR XV
ドライバースリクソン Z765(10.5°)
ユーティリティスリクソン Z H65(#2、#3、#4)
アイアンスリクソン Z765(#5~PW)
ウエッジクリーブランド RTX-3ブラックサテン(50°、54°、58°)
ヘッドウエアスリクソン(SMH7130X)
キャディバッグスリクソン(GGC-S111)
グローブスリクソン(GGG-S023)
アンブレラスリクソン(GGP-S004)
シューズアシックス GEL-ACE登録商標マーク TOUR-LADY Boa(TGN924)※5
■山戸 未夢選手のプロフィールと主な戦歴
所属三印三浦水産
生年月日1995年6月13日
出身地北海道
<優勝歴>通算1勝(ステップ・アップ:1)
2018年ダイクレレディースカップ
<2018年シーズンの主な結果>
ダイクレレディースカップ 優勝
 西田 智慧子選手は、5月23日~24日にグリーンアカデミーカントリークラブ(福島県)で開催された日本女子レジェンズツアーの「グリーンアカデミーカップ」で優勝しました。最終日を首位と3打差の6位タイでスタートした西田選手は、3バーディ、1ボギーの「71」をマークし、レジェンズツアー2勝目を見事な逆転優勝で飾りました。
西田 智慧子選手
■西田 智慧子選手の弊社使用ギア
ボールスリクソン Z-STAR XV
ヘッドウエアスリクソン(SMH7331X)
グローブスリクソン(GGG-S023)
■西田 智慧子選手のプロフィールと主な戦歴
所属フリー
生年月日1966年9月12日
出身地岐阜県
<優勝歴>通算9勝(レジェンズ:2、日本:7)
【レジェンズツアー】
2018年グリーンアカデミーカップ
2017年アリナミンVカップ
【日本女子ツアー】
2002年カトキチクイーンズゴルフトーナメント
2000年MTCIフューチャーカップ2000
1994年サタケジャパンクラシック・広島女子オープンゴルフ
1993年中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン
1992年東海クラシック雪印レディース
<2018年シーズンの主な結果>
【レジェンズツアー】
グリーンアカデミーカップ 優勝
※1、4、5住友ゴム工業(株)は(株)アシックスとゴルフシューズ分野において業務提携を行っています。
※2、3ダレルサーベイ社調べ
DUNLOP130th -1888-2018-
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー