本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2018年2月1日

モーターサイクル用プレミアムスポーツラジアルタイヤ
DUNLOP(ダンロップ)SPORTMAX(スポーツマックス) Roadsport(ロードスポーツ)2(ツー)」新発売

 住友ゴム工業(株)は、モーターサイクル用プレミアムスポーツラジアルタイヤDUNLOP「SPORTMAX Roadsport2」を3月1日(木)から順次発売します。発売サイズはフロント2サイズ、リア5サイズで、価格はオープン価格です。
 「SPORTMAX Roadsport2」は、従来品の持つニュートラルなハンドリングをベースとして、2種類のコンパウンドを上下に重ねる2層トレッド構造(「パフォーマンス・コンパウンド・レイヤーズ」)をリアに採用することでライフ性能とグリップ性能を強化しました。高いグリップ性能と耐摩耗性能をもつ表層コンパウンドと、発熱性を高めた深層コンパウンドの2種類が効果的に機能することで、ライフ性能とグリップ性能を高めるとともにタイヤ摩耗末期まで安定したグリップ性能を発揮します。また、当社独自の「キャンバースラスト・チューニング・テクノロジー」を活用した新プロファイルとパターンにより、安定感のあるハンドリング性能を実現しました。
※SPORTMAX Roadsport
タイヤ:SPORTMAX Roadsport2(フロント)タイヤ:SPORTMAX Roadsport2(リア)
(フロント)(リア)
ロゴ:SPORTMAX Roadsport2
■代表的な採用技術
PCL
PERFORMANCE COMPOUND LAYERS
(パフォーマンス・コンパウンド・レイヤーズ)※リアに採用
表層コンパウンドにはシリカと結合性の高い「新ポリマー」を採用し、路面との密着性を向上することで接触グリップ・耐摩耗性能を高めています。深層コンパウンドにはレース用微粒子カーボンを採用し、発熱グリップを向上させています。この2層のコンパウンドによってライフ性能、グリップ性能を向上させるとともに、摩耗によるグリップ性能の低下を抑制しました。
PCL 構造概念図
C.T.T.
CAMBER THRUST TUNING TECHNOLOGY
(キャンバースラスト・チューニング・テクノロジー)
DUNLOP独自のプロファイルチューニングにより、どのようなシチュエーションでも意のままに操れるスムーズなハンドリング性能を実現しました。
C.T.T. プロファイルイメージC.T.T. パターンデザイン
UFS-JLB
ULTRA FLEXIBLE STEEL-JLB構造(ウルトラ・フレキシブル・スチール-JLB構造)
V.B.T.T(ベルト張力最適設計)※リアに採用
素材のスチールコードを緩く編むとともにベルトの張力をバンク角ごとに最適化することで、フレキシブルな特性を実現し、より高い接地感と耐摩耗性能を高次元で両立しました。
接地圧分布シミュレーション
接地圧分布シミュレーション
BEAD PROFILE
NEWスリムビードAPEX構造
新形状ビードプロファイル
レースレプリカラジアルタイヤ「SPORTMAX α-14」に採用されている最新ビード構造技術を「SPORTMAX Roadsport2」専用チューニングで搭載し、しなやかな特性でもタイヤがしっかり踏ん張る剛性感を実現しました。
■発売サイズ
(フロント)(リア)
120/60ZR17 M/C (55W)160/60ZR17 M/C (69W)
120/70ZR17 M/C (58W)180/55ZR17 M/C (73W)
 190/50ZR17 M/C (73W)
190/55ZR17 M/C (75W)
200/55ZR17 M/C (78W)
DUNLOP 130th -1888-2018-
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー