本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2019年6月25日

「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」でFALKEN(ファルケン)タイヤ装着車両がクラス優勝

 住友ゴム工業(株)がタイヤを供給している「SUBARU WRX STI」が、6月20日~23日にドイツで開催された世界最大級のツーリングカーレース「ニュルブルクリンク24時間耐久レース(正式名称: 2019 ADAC TOTAL 24h-Rennen)」のSP3Tクラスにおいて6度目となるクラス優勝を果たしました。
SUBARU WRX STI
SUBARU WRX STI
 本年のレースは、終始晴天で昨年より天候には恵まれましたが、各所でクラッシュが多発し、トラブルなく走りきることが難しいレースであることを再認識させられる展開でした。そのような中でもマシントラブルやアクシデントなく完走することにFALKENタイヤの性能も大きく貢献し、その結果、「SUBARU WRX STI」は総合19位、SP3Tクラスで6度目となる優勝を果たしました。
クラスチーム車両ドライバー
SP3Tスバルテクニカ
インターナショナル
SUBARU WRX STICarlo van Dam
Tim Schrick
山内 英輝
井口 卓人
<2019年7月11日追記情報>
 本レース後、総合2位の車両が規定違反であることがわかり失格となりました。その結果、スバルテクニカインターナショナル「SUBARU WRX STI」は総合18位に繰り上がりました。
FALKEN ON THE PULSE
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー