本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2019年10月18日

タイヤの性能持続技術開発を加速させるAI技術「Tyre(タイヤ) Leap(リープ) AI(エーアイ) Analysis(アナリシス)」を確立

 住友ゴム工業(株)は、タイヤの原材料情報に加えてゴム内部の構造情報である高度分析データのリアルな情報から高精度なゴム物性推定や、使用前後の構造変化の検知によって使用後のゴム物性推定などに応用できるAI技術「Tyre Leap AI Analysis」を新たに確立しました。本技術の活用により、当社が「Smart Tyre Concept」で掲げている「性能持続技術」※1の開発を加速させ、持続可能なモビリティ社会の実現に貢献する安全・安心な高性能タイヤ開発につなげてまいります。
※1 タイヤの摩耗、経年による性能低下を抑制し、新品時の性能を長く持続させるための技術
 タイヤに用いられるゴムは天然ゴムや合成ゴムなどのポリマー、カーボンやシリカなどの補強剤、架橋剤や添加剤などで作られる複合体であり、各材料の配合量や構造といったさまざまな要因によって性能が決定されます。しかしながらゴムの内部構造は非常に複雑であり、人による解析では多大な時間を要し、かつ解析精度にも限界がありました。
 そのような中、今回確立したAI技術「Tyre Leap AI Analysis」は、例えばタイヤ用配合ゴムの電子顕微鏡画像にAI解析技術※2を適用することで、人にはできない高精度な解析が実現でき、画像(構造情報)から物性を導き出します。また、ゴムに配合されている原材料の情報と他の構造情報を組み合わせることで、さらに高精度な物性推定を可能にします。なお、「Tyre Leap AI Analysis」は、使用前後のゴム内部の構造変化の検知も行えることから、今後は使用後のゴムの物性推定などへの応用が期待できます。
※2 AIによる画像解析技術は北海道大学 長谷山美紀教授との共同研究によるものです。
構造情報を新たに取得することで、高精度な物性推定と構造変化の検知が可能
構造情報を新たに取得することで、高精度な物性推定と構造変化の検知が可能
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー