本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2019年10月24日

ウエットグリップ性能の低下を半減
DUNLOP(ダンロップ)のフラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブ NEXT(ネクスト)(スリー)」を新発売

  住友ゴム工業(株)は、従来のポリマーとは全く異なる「水素添加ポリマー」を用い、ウエットグリップ性能の低下を半減※1することでお客様の安全・安心につながるDUNLOPのフラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブ NEXTⅢ」を12月1日から発売します。発売サイズは1サイズで、希望小売価格は25,100円(税別)です。
 更に、「エナセーブ NEXTⅢ」にはバイオマス素材であるセルロースナノファイバーを世界で初めてタイヤに採用しており、低炭素社会の実現にも貢献します。
※1従来品「エナセーブ NEXTⅡ」との比較
 近年、MaaS(Mobility as a Service)の発展により、カーシェアリング、ライドシェアなど、車の所有から使用への転換が進む中、タイヤに求められる性能も変革を遂げています。そのような中、当社は「SMART TYRE CONCEPT」を掲げており、例えばタイヤの摩耗、経年による性能低下を抑制し、新品時の性能を長く持続させる「性能持続技術」や、商品ライフサイクル全体で環境性能を高めて循環型社会の実現に寄与する「ライフサイクルアセスメント(LCA)」を採り入れた商品開発を推進しています。
 今回発売する「エナセーブ NEXTⅢ」は、「SMART TYRE CONCEPT」の主要技術を採用した第一弾商品です。これまでタイヤに用いていたポリマーとは全く異なる「水素添加ポリマー」を用いたことで、ウエットグリップ性能の低下を従来と比べて半減させる「性能持続技術」のコンセプトを取り入れています。さらに、高機能バイオマス材料であり国が重点産業として推進している素材・セルロースナノファイバーを世界で初めて※2タイヤ用ゴムに採用するとともに、タイヤラベリング制度において最高グレード「AAA-a」も達成しており、「LCA」の観点から環境負荷低減にも貢献できるものです。
※2当社調べ
タイヤ:エナセーブ NEXTⅢ
ロゴ:エナセーブ NEXTⅢ
低燃費タイヤ 転がり抵抗性能:AAA ウエットグリップ性能:a
転がり抵抗性能転がり抵抗性能
ウエットグリップ性能ウエットグリップ性能
グリーン購入法適合商品eco line upADVANCED 4D NANO DESIGN
■商品特長
○ウエットグリップ性能の低下を半減
タイヤは使用による摩耗や経年により、新品時から性能が低下していきます。当社は独自のAI技術「Tyre Leap AI Analysis」※3と新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」※4を駆使し、タイヤの摩耗や経年による性能低下のメカニズムを分子レベルで解明しました。「エナセーブ NEXTⅢ」には、これまでと全く異なる新しいポリマー「水素添加ポリマー」をタイヤで初めて採用することで、ゴム内部の分子の強い結合力と切れても戻る結合が実現でき、ウエットグリップ性能の低下を従来品と比べて半減させています。
※3Tyre Leap AI Analysis (タイヤ リープ エーアイ アナリシス)
タイヤの原材料情報に加えてゴム内部の構造情報である高度分析データのリアルな情報から高精度なゴム物性推定や、使用前後の構造変化の検知によって使用後のゴム物性推定などに応用できるAI技術
※4ADVANCED 4D NANO DESIGN(アドバンスド フォーディー ナノ デザイン)
ナノからミクロンレベルまでゴムの内部構造を連続的かつ鮮明に解析し、シミュレーションすることを可能とする技術
<走行距離とウエットブレーキ性能グラフ(イメージ)>
走行距離とウエットブレーキ性能グラフ(イメージ)
【試験条件】●タイヤサイズ:195/65R15 91H ●空気圧(kPa):F250/R240 ●テスト車両排気量:1,800cc ●初速度:100㎞/h ●路面:アスファルトウエットブレーキ路(水深1㎜) ●ABSの有無:有
※新品時のタイヤと20,000㎞走行後のタイヤでウエットブレーキ試験を実施し、その性能低下代を比較。
※上記の試験条件に関する詳細なデータについては、タイヤ公正取引協議会に届け出てあります。※タイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法で試験を行っています。試験結果はあくまでテスト値であって運転の仕方によっては異なります。
<水素添加ポリマーが実現する「性能持続技術」>
水素添加ポリマーが実現する「性能持続技術」
○LCAの視点に立った環境性能
「エナセーブ NEXTⅢ」は、高機能バイオマス材料であり国が重点産業として推進しているセルロースナノファイバーを世界で初めてタイヤに採用しています。日本製紙株式会社のセルロースナノファイバー「セレンピアR」を採用し、ゴムへのコンパウンディングには三菱ケミカル株式会社のカーボンブラックマスターバッチ※5の製造技術を活用することで、高次元でセルロースナノファイバーが分散したゴム材料を開発しました。これによりタイヤの周方向と径方向の剛性のコントロールを実現しながらも原材料の側面で環境性能を高めています。さらに、「エナセーブ NEXTⅢ」は転がり抵抗性能でタイヤラベリング制度最高グレード「AAA」を達成しており、その優れた低燃費性能によって、製品使用の側面からも低炭素社会に貢献します。
※5ゴムラテックス中にカーボンブラックを分散させた後に凝固させた、ゴムとカーボンブラックの複合材
<セルロースナノファイバーによる剛性コントロール>
セルロースナノファイバーをタイヤの周方向(回転方向)に配列することで、周方向には硬く強い性質でありながら、径方向における柔らかさを兼ね備えています。
セルロースナノファイバーによる剛性コントロール
■発売日
12月1日
■タイヤサイズ
195/65R15 91H
■希望小売価格
25,100円(税別)
DUNLOP
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー