本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2019年11月1日

DUNLOPが「全国タイヤ安全点検」「こども交通安全教室」を10月5日に実施

 住友ゴム工業(株)は、10月5日に「DUNLOP 全国タイヤ安全点検」を全国10会場で実施しました。ダンロップでは、定期的なタイヤ点検の啓発のために同イベントを12年間実施してきました。今回の点検の結果、タイヤの整備不良の中で燃費の悪化や走行性能の低下、偏摩耗の原因となる「空気圧の過不足」が最も多くみられ、3割近くの車両で確認されました。
 千葉県の会場では、NHK「おかあさんといっしょ」の7代目うたのおにいさんの坂田おさむさんと娘の坂田めぐみさんをお招きし、初めての試みとなる「ダンロップ こども交通安全教室」も同時開催し、子供たちに向けても交通安全の重要性を伝えました。
全国タイヤ安全点検の様子こども交通安全教室の様子
全国タイヤ安全点検の様子こども交通安全教室の様子
(花見川緑地交通公園/千葉県 千葉市)
 タイヤ点検は、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの空気圧、残溝、表面の損傷などの点検を行うもので、2008年から継続して実施しています。今回は計694台の車両のタイヤを点検した結果、タイヤの整備不良率は42.8%でした。不良別では空気圧の過不足が28.4%と依然として高い割合で、残溝不足が9.4%、表面の損傷が8.2%、偏摩耗が8.8%、釘・異物踏みが2%と続きました。(各不良率は重複を含みます)

 花見川緑地交通公園で3回にわたって実施された「ダンロップ こども交通安全教室」では、第1回目にファミリー層に絶大な人気を誇るシンガーソングライターの坂田おさむさん・坂田めぐみさんがゲストとして登場し、交通安全クイズを実施しました。計116名(子供:65名・同伴者:51名)の方に参加いただき、実車での解説を通して交通ルールやマナーについて楽しく学んでいただきました。

 タイヤは適正な空気圧を維持することで本来の性能を最大限発揮することができ、安全なドライブにもつながります。ダンロップはブランドメッセージ「事故のない毎日をつくりたい。」のもと、引き続きタイヤ点検の重要性を呼びかけ、より安全なモビリティ社会の実現を目指してまいります。
■ダンロップCMギャラリー「全国タイヤ安全点検」篇 : https://tyre.dunlop.co.jp/brand/ad/
■空気圧点検特設WEBサイト : https://tyre.dunlop.co.jp/air_pressure/
「DUNLOPダンロップ 全国タイヤ安全点検」を10月5日に実施
~千葉県会場では「ダンロップ こども交通安全教室」も同時開催~(2019年9月19日発行リリース) :
http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2019/sri/2019_075.html
DUNLOP
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー