本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2013年7月4日

「第81回ル・マン24時間レース」においてDUNLOP装着車両がクラス優勝

 6月22日(土)~23日(日)にかけて、サルテ・サーキット(フランス ル・マン市)にて開催された「第81回ル・マン24時間レース」のLMP2クラスにおいて、ダンロップタイヤを装着したOAK Racingの「Morgan-Nissan」35号車(ドライバー:BAGUETTE/GONZALEZ/PLOWMAN)が優勝しました。また、2位にも同チーム24号車(PLA/HEINEMEIER HANSSON/BRUNDLE)、3位にはG-Drive Racingの「Oreca 03-Nissan」26号車(RUSINOV/MARTIN/CONWAY)が入り、ダンロップタイヤ装着車が表彰台を独占しました。
表彰式の様子OAK Racing 「Morgan-Nissan」
表彰式の様子OAK Racing 「Morgan-Nissan」
ル・マン24時間レースは、フランスのル・マン市近郊で年に一度開催される世界最大規模のスポーツカー耐久レースです。1923年から続く長い歴史を誇り、F1モナコGP、アメリカのインディ500と並んで「世界三大レース」に数えられています。この総走行距離4,000kmを超える過酷な「ル・マン24時間レース」において、OAK Racingの「Morgan-Nissan」とG-Drive Racingの「Oreca 03-Nissan」は安定した走行を続け、LMP2クラスの1-3位を独占しました。これにより、ダンロップタイヤの安定したグリップ性能と耐久性の高さが証明されました。
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー