本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2017年4月24日

モトクロス競技専用タイヤ
DUNLOP(ダンロップ)GEOMAX(ジオマックス) MX(エムエックス)12(イチニー)」新発売

 住友ゴム工業(株)は、サンド・マッド路面向けモトクロス競技専用タイヤDUNLOP「GEOMAX MX12」を4月25日(火)から順次発売します。発売サイズは、フロント1サイズ、リア2サイズで、価格はオープン価格です。
 「GEOMAX MX12」は、国内外のレースで培ったダンロップの最新テクノロジーで開発したモトクロス競技専用タイヤです。新パターンと新タイヤ断面形状を採用することで、当社従来品から加速時のトラクション、コーナリング時のサイドグリップ、衝撃吸収性などを向上し、サンド・マッド路面において優れた性能を発揮します。対応車両は、250ccから450ccまでのモトクロス競技車両です。
 ※ GEOMAX MX11
タイヤ:GEOMAX MX12(フロント)
(フロント)
タイヤ:GEOMAX MX12(リア)
(リア)
ロゴ:GEOMAX MX12
※ GEOMAX MX12はモトクロス競技専用タイヤのため公道走行できません。
■特長
V-BT(V-Block Technology)
 サンド・マッド路面に最適なブロックの角度、配置、形状をリアタイヤに採用することで、加速及び旋回時のトラクション、スライドコントロール性を向上しました。
PCBT(Progressive Cornering Block Technology)PCBT
 リアタイヤのショルダーブロックのブロック表面を二段階の高さとした、二段ステップブロック形状にする技術(PCBT)により、タイヤが路面を引っ掻く“エッジ効果”を高め、加速時のトラクション、コーナリング時のサイドグリップおよびスライドコントロール性を向上させることで、より安定したコーナリングが可能となりました。
路面を引っ掻く二段ステップブロック
CTCS(Carcass Tension Control System)CTCS
 タイヤの形状を最適化、従来品と比べタイヤ外径が大きくなり、路面との接地長の増加によりトラクション性能が向上しています。またタイヤのたわみ量を増やすことで衝撃吸収性も高めました。
 ※ GEOMAX MX11
■サイズ
GEOMAX MX12(フロント)(リア)
80/100-21 51M100/90-19 57M
110/90-19 62M
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー