本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2018年9月18日

「Red Bull Air Race World Championship 2018」第6戦にて
Team(チーム) FALKEN(ファルケン)」の室屋義秀選手が2位獲得

 住友ゴム工業(株)がFALKENブランドでサポート契約をしている「Red Bull Air Race World Championship 2018」のマスタークラスのパイロット、室屋義秀選手(「Team FALKEN」)が、9月15日(土)~16日(日)にオーストリアのウィーナー・ノイシュタットで開催されたシリーズ第6戦において、2位を獲得しました。
室屋選手の機体(「Team FALKEN」)表彰式の様子(左:室屋選手)
室屋選手の機体(「Team FALKEN」)表彰式の様子(左:室屋選手)
 アジア人で唯一本シリーズに参戦するマスタークラスのパイロット、室屋選手は本大会でも予選から決勝ラウンドを通して高い精度とスピードを誇るフライトを披露し、今シーズンの初戦以来2度目となる2位を獲得しました。この結果、総合順位は4位に浮上しました。今シーズン残り2戦、室屋選手のさらなる活躍にご期待ください。
 当社は、最先端技術により開発された高性能タイヤでの新車装着やモータースポーツ活動などにより高い支持を獲得し、グローバルに展開しているFALKENブランドと、鍛え抜かれた高い技術で世界を舞台に活躍している室屋選手とのイメージが合致するため、4年連続でサポートしています。このサポートを通して、FALKENの若々しくエネルギッシュなブランドイメージを訴求します。
■「Red Bull Air Race World Championship」
2003年に開始した「Red Bull Air Race World Championship」は、これまでに全世界で80レース以上開催されています。世界トップクラスのエアレースパイロットたちが機動性に優れた軽量のレース専用飛行機を操縦し、高さ25mの空気を膨らませたパイロン(エアゲート)で構成された低空の空中コースを最高時速370kmに達するスピードと10Gに及ぶ重力加速度に耐えながら飛行して、技の正確さと速さを競う飛行機レース世界選手権です。2014年には、次世代のパイロットがワールドチャンピオンシップを争うマスタークラスに昇格するために必要なスキルを養う場としてチャレンジャーカップが始まりました。
■「Red Bull Air Race World Championship」公式WEBサイト
http://airrace.redbull.com/ja_JP
■「Red Bull Air Race World Championship 2018」開催スケジュール
10月6日(土)/7日(日)インディアナポリス(米国)
11月17日(土)/18日(日)フォートワース(米国)
FALKEN ON THE PULSE
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー