本文へジャンプ
 
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

Integrity(ステークホルダーへの誠実さ)ステークホルダーとの対話促進

ステークホルダーのために

私たちは、定期的なステークホルダー調査によるさまざまな要望・期待など、ステークホルダーの声に配慮することはもちろん、事業・業務を通じた日常の対話も重視しています。
ステークホルダーに対して、果たすべき責任を意識し、多様な方法で、コミュニケーションの促進に努めています。

主なステークホルダーとのコミュニケーション方法

地域住民などとの対話冊子住友ゴムグループ

当社グループは地域住民などとの対話の充実に取り組んでいます。
詳細については「ステークホルダーダイアログ」をご参照ください。

健全な労使関係冊子住友ゴムグループ

会社と住友ゴム労働組合(2018年12月末時点の管理職を除く組合員5,406名加入)は、経営情報の共有化と事前協議を基調に良好な関係を維持しています。企業の発展と従業員の幸せ追求を労使共通の目標ととらえ、各種労使委員会で協議を重ねています。たとえば、人事制度や労働条件の見直しについて協議する労使賃金研究会を労組幹部と会社人事部門で組織、継続的に開催するなど労使一体となって目標達成に向けた活動を行っています。
同研究会を通じて、2018年度には、若年層を中心とした有給休暇の付与日数増加、交替勤務者向けの新休暇制度の導入、チャレンジを促進する新評価制度の定着活動などを行いました。
2019年度は、働き方改革の推進などに引き続き取り組み、今後も労使一体となってさまざまな活動を進めていきます。

2019年3月の経営協議会

 
 
 
 
 
 
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー