ニュース詳細

住友ゴム工業TOP > ニュース > 2013年 > 国内7拠点で緑のカーテンを育成

国内7拠点で緑のカーテンを育成

2013年8月13日

国内7拠点で緑のカーテンを育成

 住友ゴム工業(株)は、夏の省エネルギー活動として主に建物内での空調の使用を抑えること、また従業員が快適に作業できる環境作りを目的として、国内7拠点で緑のカーテンを育成しています。
宮崎工場の緑のカーテン
宮崎工場の緑のカーテン
 緑のカーテンは、真夏の太陽光の遮断と断熱、および植物の葉面からの蒸散による気化熱で建物の温度上昇を抑える効果があるとされています。本年度はゴーヤの他7種類のつる植物を育成し、7拠点(神戸本社、白河工場、製造研修センター白河研修所、名古屋工場、泉大津工場、加古川工場、宮崎工場)合計で総延長約274m、総面積約760平方メートルのカーテンを完成させました。
 また、各拠点ではそれぞれ趣向を凝らした取り組みを行っており、宮崎工場では「美味しいカーテン」を今年のテーマとして、食べられる植物限定の育成コンテストを実施しました。
 住友ゴムグループは、これからもグローバル企業としての社会的使命を果たすために、広く地域・社会に貢献し、期待され信頼され愛される企業として新しい価値を創出し、持続可能な社会の発展に貢献していきます。
 ■実施拠点と取り組み内容
 
拠点名所在地横幅(m)縦(m)植物
神戸本社兵庫県神戸市中央区脇浜町3-6-9102アサガオ
白河工場福島県白河市双石広久保11052~4アサガオ
製造研修センター
白河研修所
福島県白河市大搦目山6-32202アサガオ
名古屋工場愛知県豊田市新生町4-1152~4フウセンカズラ
ゴーヤ、アサガオ
泉大津工場大阪府泉大津市河原町9-163ゴーヤ、アサガオ
加古川工場兵庫県加古川市野口町北野410-123ゴーヤ
宮崎工場宮崎県都城市都北町3番地1163ゴーヤ、四角豆
ツルムラサキ、オカワカメ
坊ちゃんカボチャ