ニュース詳細

住友ゴム工業TOP > ニュース > 2013年 > 「上海タイヤ販売研修センター」開所式を開催

「上海タイヤ販売研修センター」開所式を開催

2013年10月25日

「上海タイヤ販売研修センター」開所式を開催

 住友ゴムグループの中国のタイヤ製造・販売子会社である住友橡膠(中国)有限公司(SRZ)は、10月18日(金)、上海市に完成した「上海タイヤ販売研修センター」の開所式を実施しました。開所式には全国の代理店、工事関係者、および当社出席者など、総勢140名が出席しました。
 「上海タイヤ販売研修センター」は、中国でのタイヤ販売店の接客、サービス、技能向上を目的とした研修施設です。SRZの自社系列販売店である「タイヤマスター虹梅路店」に併設することで、実際の店舗運営に則した実践的な研修が可能です。
 また今回の研修センターの開所に合わせて、同施設2階にはSRZの直営販売会社である「上海ダンロップタイヤ販売有限公司」を移転し、営業を開始しました。
開所式の様子上海タイヤ販売研修センター
開所式の様子上海タイヤ販売研修センター
上海タイヤ販売研修センターの概要
所在地上海市閔行区虹梅路1123号
延べ床面積1,313平方メートル
施設概要
1)上海タイヤ販売研修センター
大研修室124平方メートル・最大100名収容
小会議室46平方メートル・20名収容
エントランス展示ホール : 238平方メートル
2)上海ダンロップタイヤ販売有限公司
事務所278平方メートル
3)タイヤマスター虹梅路店
店舗627平方メートル、8ピットレーン