ニュース詳細

住友ゴム工業TOP > ニュース > 2018年 > 子どもたちの「挑戦」を応援!「ダンロップ 小学生絵手紙コンクール~わたし、ぼくの挑戦~」受賞作品を発表

子どもたちの「挑戦」を応援!「ダンロップ 小学生絵手紙コンクール~わたし、ぼくの挑戦~」受賞作品を発表

 住友ゴム工業(株)は、今年初開催となった「ダンロップ 小学生絵手紙コンクール~わたし、ぼくの挑戦~」の受賞作品を発表しました。(特設サイト:https://tyre.dunlop.co.jp/etegami/)


<主催>住友ゴム工業株式会社 <後援>朝日小学生新聞・公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
 

 当社は、DUNLOPの創業者であるJ.B.DUNLOP(ジョン・ボイド・ダンロップ)が初めて空気入りタイヤを実用化して以来、「挑戦と進化」を繰り返してきました。
 本コンクールでは、その「挑戦と進化」をテーマに、「今挑戦していること」「これから挑戦したいこと」など、大人になってもその気持ちを忘れないように、未来の自分に向けて前向きな思いを描いた絵手紙を募集しました。全国から多数ご応募いただいた作品の中から、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟の川上事務局長をはじめとする審査員4名で厳正な審査を行い、ダンロップチャレンジ大賞1点、ダンロップ進化賞1点、ダンロップ発明賞3点を選出しました。受賞作品、審査員コメントは以下の通りです。


「ダンロップ 小学生絵手紙コンクール~わたし、ぼくの挑戦~」概要
■テーマ : 「挑戦と進化」
■応募期間 : 2018年7月2日(月)~9月7日(金)
■対象 : 全国の小学生

■ダンロップチャレンジ大賞
埼玉県 6年生 藤岡昌豊さん




審査員コメント:
宇宙制覇というスケールの大きい挑戦ですが、困難を恐れず挑んでいこうとする気持ちがこの作品から伝わってきました。


■ダンロップ進化賞
東京都 4年生 相樂直人さん

審査員コメント:
あこがれのおじいちゃんのようになりたいという自分の理想の姿が分かりやすく描かれており、実現してほしいなと強く思いました。


■ダンロップ発明賞
東京都 2年生 中川原一輝さん
東京都 2年生 中川原一輝さん
審査員コメント:
今の自分が一生懸命夢に向かって頑張る姿も描かれていて、今までなかった新しいものを発明したいという意欲が感じられる作品でした。
■ダンロップ発明賞
東京都 4年生 柏木晃大さん

審査員コメント:
船を作りたいだけでなく、やりたいことが明確に描かれていて、彼の夢がここに詰まっていることを感じさせられる作品でした。


■ダンロップ発明賞
東京都 6年生 木村天愛里さん