ニュース詳細

住友ゴム工業TOP > ニュースリリース > 2019年 > オープンイノベーションで、新規スポーツ事業創造プロジェクトを募集 ~スポーツの魅力をさらに引き出し、わくわくする商品やサービスの創造を目指す~

オープンイノベーションで、新規スポーツ事業創造プロジェクトを募集 ~スポーツの魅力をさらに引き出し、わくわくする商品やサービスの創造を目指す~

 ダンロップの住友ゴム工業株式会社は、株式会社A(エイス)が運営するものづくりの共創・オープンイノベーションプラットフォーム「Wemake」を活用し、スポーツの魅力や付加価値をさらに引き出す、わくわくするような新規事業のビジネスモデルを募集しています。

 
   

 当社はスポーツが持つ魅力や可能性が、皆さまの暮らしや健康の充実に貢献するものと考えています。本プロジェクト「DUNLOP INNOVATION CHALLENGE」では、当社の既存事業である「ゴルフ」「テニス」「ウェルネス」とオープンイノベーションを組み合わせることにより、売上増加や新たな収益源につながる新商品/新規事業の創出を目指すだけでなく、スポーツ市場全体の活性化も狙います。なお、このプロジェクトでは、約1万4千人のコミュニティからなる「Wemake」を介してビジネスモデルを募集し、公募者と当社社員との“共創”で実現を目指します。また審査段階では、当社ゴルフ事業のアンバサダーでもある古閑美保プロにも加わっていただく予定です。 古閑美保プロ
プロゴルファーの古閑美保さんが
審査員として参画


プロジェクトの名称
 「DUNLOP INNOVATION CHALLENGE」

募集するテーマ:
 ITの進化など将来の環境変化を見据え、スポーツの魅力をさらに引き出し、これまでに無い画期的でわくわくする商品やサービスの創造につながるビジネスモデル

 <テーマの方向性>

  1. バーチャルスポーツビジネス(VR・ARの活用、eスポーツなど)
  2. コミュニティビジネス(プレーヤー同士、プレーヤーと当社がつながる)
  3. AIとビッグデータ(ゴルフの場合、プレーデータ・スイングデータ・フィッティングデータなど)を活用したビジネス
  4. 上記に捉われないが新たな付加価値を提案するビジネス(商品・サービス)

※本プロジェクトへの応募は全て「Wemake」サイト(https://www.wemake.jp/)より可能です。
 登録さえすれば誰でも参加できますので、奮ってご応募ください。

スケジュール(予定):

  公募期間

2019年10月15日(火)~2019年12月8日(日)

  最終審査

2020年3月中旬予定

  結果発表

2020年3月下旬予定

  事業化検証

2020年4月~


当プロジェクトへの問い合わせ先
 住友ゴム工業(株)スポーツ事業本部 企画業務部
 (E-Mailアドレス:spkikaku@srigroup.co.jp

 

DUNLOP SPORTS STYLE



DUNLOP