ニュース詳細

住友ゴム工業TOP > ニュース > 2021年 > 住友ゴム 宮崎工場が無災害記録750万時間達成~厚生労働省から認定~

住友ゴム 宮崎工場が無災害記録750万時間達成~厚生労働省から認定~

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)の宮崎工場で休業災害発生ゼロの無災害記録※1延べ750万時間※2(従業員数約1,500名による達成)を継続し、昨年12月28日に都城労働基準監督署から「厚生労働省第二種無災害記録証」を授与されました。

 都城労働基準監督署・大野署長から「延べ750万時間の継続は非常に価値があるもので、地域に対しても良い影響を与える。安全最優先の意識が従業員に浸透し、日々無災害を積み上げてこられた事で達成された。次は、第三種の1,125万時間を従業員一丸となってチャレンジしてほしい」とのお言葉を頂きました。


都城労働基準監督署・大野署長(左)から
記録証を授与される宮崎工場・石田工場長※3 (右)
 
 今回の認定は、日頃から行っているこれまでの叱る安全指導に褒める安全指導を取り入れる事で、従業員同士が思いやりを持った活動に繋がり、自分事に変わってきた事による成果と考えています。引き続き、無災害を継続していくため、さらなる安全な人づくりと職場づくりに努めていきます。

<宮崎工場概要>  
所在地  : 宮崎県都城市都北町3番
生産品目  : 自動車用タイヤ
操業開始  : 1976年
 
※1  第1種無災害記録から第5種無災害記録までの5段階で、業種や従業員数により達成に必要な労働時間が定められている。一定期間労働災害を発生させることのなかった事業場に対して無災害記録証が授与される。
※2  2018年5月22日~2020年11月10日の期間。2021年1月6日現在も継続中。
※3  2020年12月時点。
 

■過去リリース「住友ゴム 宮崎工場が無災害記録500万時間達成」(2020年3月発行)
https://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2020/sri/2020_023.html