労働安全衛生

Kindness(人にやさしい諸施策)安全で働きやすい職場づくり

  • E -
  • S
  • G -

労働安全衛生

  • 住友ゴムグループ

住友ゴムグループは、従業員の安全と健康を守り、快適な作業環境を維持するため、労働組合と協力し、一体となって安全衛生活動を推進し「安全衛生はすべてに優先する」をスローガンに労働災害ゼロを目指しています。
中央安全衛生委員会にてグループの安全衛生活動方針を定め、「安全な人づくりの3原則(①ルールを守る、②安全意識を高める、③管理監督者が責任を果たす)」と「設備安全の3原則(①重大災害を発生させる危険箇所に人がいれば設備は動かない、②止めようとしたときに設備がすぐに止まる、③作業者にこれから危険箇所に入ることを自覚させる装置を設置)」を指針としています。これらの指針に基づき、風通しが良く面倒見の良い職場作りを進める事が、安全な人作りの基本と考え、安全衛生第一の精神を末端まで定着させていきます。

住友ゴムグループ安全衛生活動組織図

住友ゴムグループ安全衛生活動組織図

安全衛生に対する教育・啓発活動

  • 住友ゴムグループ

住友ゴムグループは「災害ゼロ」を目指すために、最も重要な要素は「安全な人づくり」と考え、階層別教育やフォローアップ教育などで、技能と知識の習熟度を確認しながら定期的に安全衛生に対する教育・啓発活動を進めています。
2018年度は、各職場が小集団活動を主体的に行い、災害に遭わないための、最適な安全活動を自主的に取り入れ、全員で安全を守る職場環境・風土づくりを進めました。また、各職場安全活動の弱みを把握し、改善活動を活発に進めるため、安全先行指標(KPI)の取り組みも進めました。
また、災害発生も多く、横展開やりきり活動を継続して行い、安全教育啓発活動を推進してまいりました。
2019年度も安全意識の向上を図るために、現場の声を大切にするボトムアップ活動と安全先行指標(KPI)で各事業所の弱みを把握し、改善活動を進め、いかなる状況でも安全ルールを守れる、守らせる人づくり、職場づくりを行い、危険ゼロの職場をつくり労働災害ゼロを目指します。

重量物の吊り上げ危険体感

重量物の吊り上げ危険体感

両手が塞がった階段昇降危険体感

両手が塞がった階段昇降危険体感

全員が防災を学び、活動するための新たな取り組み

  • 住友ゴムグループ

他社の火災やグループ内での火災発生を契機に、2007年度から事業所の火災リスク抽出と改善を目的に防災監査を行っています。
2018年度は、従来の監査活動に加え、事業所間での優れた取り組みを速やかに横展開できるように各事業所の防災委員会組織の中核として活動をリードする防災キーマンを委嘱し、現場レベルまでの活動活性化を狙った取り組みを開始しました。
2019年度はKPIを設定するとともにレーダーチャートを用いて活動内容を評価し、事業所毎の弱点を見つけて改善を進めます。また、防災を全員で学び、意識・知識を向上させ、リスクの芽を摘むことで、「小火・火災発生ゼロ」を目指します。

トルコ工場 防災キーマン委嘱式の様子

トルコ工場 防災キーマン委嘱式の様子

災害ゼロへの挑戦

  • 冊子
  • 住友ゴムグループ

当社グループは危険ゼロ・災害ゼロを目指して、危険因子を排除し本質的に安全性を高める先取り型安全活動を推進しています。また現地現物で安全監査や安全観察を積極的に実施しています。2018年度の安全成績は、災害合計件数が前年比で12件増えたものの、重大災害については未然防止ができました。
このことを受け、2019年度の目標は、①重大災害ゼロ②災害数を35件(2018年の半減)と設定しました。重点課題としては、安全先行指標(KPI)を活用し、安全活動の強み・弱みを把握して、安全活動にフィードバックする取り組みを推進するなど、全員で安全を守る職場環境・風土づくりを進め、災害ゼロにチャレンジしていきます。

労働災害発生状況(休業災害度数率)

労働災害発生状況(休業災害度数率)グラフ

災害度数率:延べ実労働時間100万時間当たりの労働災害による死傷者数。災害度数率=労働災害による死傷者数/延べ実労働時間×1,000,000

労働安全衛生マネジメントシステム

  • 住友ゴムグループ

住友ゴムグループでは、労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格OHSAS18001の認証取得を行ってまいりました。
2018年末時点で、取得拠点は13です。
2019年度以降、順次ISO45001へ認証取得変更を各事業所で計画予定です。

OHSAS18001認証取得状況

年月 取得工場
2007年1月 中国・常熟工場
2009年1月 タイ工場
2009年2月 宮崎工場
2009年12月 タイ・テニスボール工場
2012年4月 南アフリカ工場
2013年5月 名古屋工場
2014年9月 ブラジル工場
2014年11月 インドネシア工場
2014年11月 中国・湖南工場
2014年11月 タイ・天然ゴム加工工場
2014年12月 白河工場
2016年2月 泉大津工場
2016年11月 トルコ工場