公正で適正な調達

Integrity (ステークホルダーへの誠実さ)サプライチェーンマネジメント

  • E -
  • S -
  • G

取引先とのコミュニケーション

  • 住友ゴムグループ

住友ゴムグループは、公正かつ開かれた企業活動を目指し、取引先との確かなパートナーシップを築くために、調達ガイドラインの作成・運用、法令の改正や外部環境の変化などに応じた同ガイドラインの改正などに取り組んでいます。また、取引先からの改善提案(VA提案(VA:Value Analysis、価値分析))や設計段階からの提案(VE提案(VE:Value Engineering、価値工学))を積極的に受け入れています。
さらに、すべての原材料、主要なタイヤ生産設備などの調達業務で、調達先・調達量・品目などを集約化する集中購買を実施しており、そのメリットを活かす購入品の共通化も進めています。

適正で公正な取引

  • 住友ゴムグループ

住友ゴムグループ全体で下請法(下請代金支払遅延等防止法)遵守を徹底するために、住友ゴムの法務部が主体となって、購買部と関係部署を巡視するとともに、社内下請法講習会などを毎年実施しています。
また、下請事業者を訪問し、取引内容の確認を行うなど、適正な取引に努めています。